新築施工事例

M様邸

ケヤキの一枚板をふんだんに使った健康住宅

M様邸

ケヤキの耳付き一枚板をふんだんに使った住宅です。 南側に出した3mあるウッドデッキの庇はデッキ材の長寿命化だけでなく、勾配を緩やかにすることで、夏の直射日光を遮り、冬の暖かい日差しを取り入れることで節電にもつながります。また、洗濯物を干しても急な雨も心配なしです。

  • <県産材の鉄平石を張った玄関> 建具はヒノキの枠に杉の浮造り板 もちろんガラスはペアガラスで、アルミ断熱サッシより結露しづらいです。

  • 桜の一枚板に魔除けの意味がある槐(エンジュ)の大黒柱。式台はケヤキの耳付き一枚板。ヒノキの腰板と飾り棚。床板は国産赤松 。壁と天井は珪藻土でばっちり呼吸。

  • 和室の建具を開ければリビングと一つに。奥の杉板を張った納戸には大きめのポストから届いたものが。

  • 建具を閉めたところ

  • リビングからキッチンを見た所。一位の柱にケヤキのカウンター。裏には可動式の棚があり、電話やルーターなどがすっきり。

  • ケヤキの耳付き一枚板を使った自慢の階段。加工、造作共に苦労しましたが、出来上がるとその存在感はバッチグー。

  • キッチン、リビングから薪ストーブのある6畳の土間を通って洗面脱衣室へショートカット 。このケヤキに座ってストーブに薪をくべます。

  • 土間と2階ホールの吹き抜けの天井。板と垂木、母屋、柱はヒノキ。束受けなどは強度のあるケヤキ。束は珍しいハクジの木。プロペラファンはリモコンで風向き、強弱を調整。小屋裏に開け閉めできる無双窓をつけ、温度調整ができるように。

  • 土間から見た天井。高いので、すごい開放感。2階の廊下とホールには手すり兼本棚が。

施工DATA
所在地
階数 木造2階建て
延床面積
  • 44坪

この事例を施工した工務店

有限会社 中澤建工

有限会社 中澤建工

お客様との長いお付き合いがわが社のモットーです。 新築の場合設計等数か月かけ話を詰め気に入った住宅を建てていただきたく 時間に余裕をもってお声掛けいただければ幸いです。


加盟工務店を探す

エリア名をクリックすると、そのエリアの工務店を表示します

北信 東信 中信 南信